トップページ | 2007年1月 »

2004年7月12日

最近の日本のソフト屋さん

 最近、日本のソフト屋さんに元気がないです。欧米のソフトに追い付け・追い越せと言っている間は良かったけれど、まねをしようとしている間に、日本の市場に入り込んでしまった。プロプライアタリの時代が続けば、変わっていたかもしれない。けど、IT業界の標準ソフトが流通し始めて、オープン化という波が10数年前から押し寄せたら、だんだん劣勢になってきた。
 元気な人も多いけど、元気の空回りか一人相撲しているように思えてしまう。そういう輩に限って、日本人同士では一見仲が良さそうで、実は悪そう。プライドが高いように思える。自分なら、もっと良いものを作れるぞ、っと。本当は、お互いにもっと良いものを作る相談をすればよいのに。よいしょ、と祭り上げておかなくても、できるようになってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »