« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日

なにわ七幸めぐり、大念佛寺

Img_7845平野駅から一本道を歩いていくと、大念佛寺の塀が目に入ります。山門にたどり着くと、本堂が見え隠れします。山門をくぐると、塀で囲まれているにもかかわらず、境内が広いことに感心してしまいました。
Img_7923本堂にお参りしようと、近づけば近づくほど、大きくなってきます。合掌。「諸芸上達」を祈願。本堂は、大阪府で最大の木造建築だそうです。どうりで、近づいたときの本堂の大きさは、圧倒されそうでした。

なにわ七幸めぐりも、あと、住吉大社だけとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日

大阪七福神、法案寺・大乗坊

大阪七福神の法案寺、大乗坊を巡ってきました。
Img_7769
日本橋駅で降り、道頓堀を過ぎて、法案寺を訪ねました。山門には弁財天と書かれていました。が、朝早すぎたせいか、門は開かれておらず、弁財天をじかに拝することができませんでした。つぎの機会に楽しみをとっておきましょう。
Img_7802
今度は、日本橋駅を起点にすると反対側にあるいて、難波の近くにある大乗坊を訪ねました。ちょうど、朝の水まきをされていて、門は開かれていました。挨拶をして、本堂の中に。毘沙門天が、奥の方に祀られていました。合掌。手前には、不動明王も祀られていました。大阪は、不動明王を祀っているお寺が多いように思いました。
Img_7832
日本橋駅に戻る道で、黒門市場が見えたので、朝の通りを歩いてきました。鮮魚屋さんが多く、もう店開きの支度を始めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日

なにわ七幸めぐり・四条畷神社

Img_7736
なにわ七幸めぐりの1つ、四条畷神社にお参りしてきました。地図では、四条畷駅から近いと思っていたのですが、それは最初の鳥居でした。そこからまっすぐに数百メートルの道が続き、次の鳥居が見えました。昔は参道だったのでしょう。

Img_7697
階段を登ると、左側にやっと本殿が見えてきました。参拝。心願成就の祈念。本殿の回りの砂は、模様が描かれて、歩くことがもったいないくらい。境内では地元の方々が太極拳を行っていました。
大阪天満宮、四天王寺、今宮戎神社、太融寺、そして四条畷神社を巡りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日

横浜の三塔

Img_7491
横浜にあるキング、クイーン、ジャックの三塔を眺めて、散歩してきました。山下公園から歩いていくと、最初に見えるのは、横浜税関のクイーンの塔です。さらに歩くと、神奈川県庁のキングの塔が見え隠れしてきます。
Img_7583
神奈川県庁の旧館と新館の間を歩いていくと、横浜市開港記念会館のジャックの塔が見えてきます。県庁とは、斜向かいに位置しています。

Img_7610
キングの塔は、県庁の正面側から見ると、玄関から塔までを、はっきりと眺めることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日

広島、神戸、そして大阪

今日はハードな1日でした。パートⅠは広島城、パートⅡは神戸の異人館、パートⅢは通天閣。
Img_6983Img_6994
朝早く、目が覚める(いつものように)。まだ寝ぼけ眼の市内を歩きながら、広島城を散歩した。城内では、朝の散歩コースにしている人々にあう。広島城の天守閣は、城郭の真ん中ではなくて、お堀に面した端の方に位置している。

Img_7010お堀から城郭に入るとき、石の鳥居があったので、不思議なお城だなと思った。天守閣を歩き終えて、人の流れに向かっていった。その先に見えてきたのは、廣島護国神社でした。新しく、映えた本殿を参拝。地元の人々にとっては、眺める天守閣よりも、護国神社への信仰の地になっているように思えた。以上が、パートⅠでした。

Img_7107広島から神戸にとび、新神戸駅に近い北野異人館を巡ってきました。有名どころを中心に歩きました。まずは、萌葱の館です。その名の通り、萌葱色の館です。

Img_7111萌葱の館のはす向かいにあるのが、風見鶏の館です。こちらの方がポピュラーで、多くの観光客が訪れていました。建物はレンガなので、レンガの館と思いきや、屋根の上にある風見鶏の方が有名で、館の名前になっています。下から見ると、小さい鶏なのですが。。。

Img_7177風見鶏の館から、登りながら横にあるくと、うろこの館にたどり着きました。中には、美術館と異人館とがあります。美術館の3階からは、神戸の街も眺めることができます。中庭には、いのししを象ったブロンズのような像があり、館を訪れる人々をみているようです。

Img_7184うろこの館からオランダ坂を下りていくと、ラインの館にたどりつきます。ここは入館が無料のせいか、館内は展示会等に使われているようです。館の中だでなく、奥庭や中庭への道も風流です。

Img_7208北野異人館から新神戸駅の途中に、新神戸ロープウェーがあります。上るときにはハーブ園が見え、頂上からは神戸の街が一望できます。頂上から麓まで歩く道もあるようですが、今回はショートカット。ロープウェーで下りました。以上が、パートⅡです。新神戸駅から大阪に行き、パートⅢとなります

Img_7249
新大阪から新今宮に行くと、駅からも通天閣が見えます。駅をおり、新世界の中を通ると、その真ん中に通天閣があります。通天閣という名前の付け方に感動しました。最初にできたときに、天に通じる建物と捉えて名付けたのが通天閣だそうです。東京タワー、エッフェル塔と地名・人名に由来する名付け方もあるでしょうが、塔のすごさを意味する名付け方の発想がすごいと思いました。

Img_7265
通天閣の中には、ビリケンさんが祭られていました。ビリケンさん信仰とでも言えるのでしょう。通天閣を訪ねて、パートⅢとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日

広島散策(宮島、平和記念公園)

Img_6570プチ旅で、広島に行ってきました。今日は、久しぶりの宮島と、平和記念公園です。広島の二大有名所を訪れることになりました。まずは、宮島から。

Img_6630Img_6802 厳島神社大鳥居、二景。本殿に向かって「伊都岐島神社」と書かれ、海に向かっては「厳島神社」と書かれています。普通、海の中にありますが、潮が引くと大鳥居まで歩いていくことができます。
Img_6772厳島神社の本殿は、いつも参拝客でいっぱいです。厳島神社といえば、大鳥居と思っていたのですが、本殿前の舞台も有名だそうです。日本の三舞台の1つとか。

Img_6673本殿から海に向かって、左側にあるのが厳島弁財天です。弁財天の幟に導かれるように、本堂にて拝みました。日本三大弁財天の1つだそうです。新しくカラフルなお堂が弁財天かなとおもったら、こちらは不動明王のお堂でした。
Img_6727厳島神社本殿の横には、色鮮やかな五重塔があります。対岸から宮島への途中、遠望からも、朱塗りの大鳥居と五重塔がよく見えます。五重塔の横にある大屋根は、お寺の本堂かと思ったら、こちらは千畳閣という吹き抜けの建物でした。

Img_6863平和記念公園では、まず平和記念資料館へ。ゆっくりと回っていたら、最後は閉館のアナウンス。新館の方は本館への序論のように、以前の広島、当日までの経緯、等々。本館に入ると、惨状と直面する。一つひとつ、惨状の証言者として、伝えている。最後には、平和への祈念。長崎でも、そうだった。

Img_6864資料館から公園の中心に向かい、原爆慰霊碑にて合掌。慰霊碑から見える平和の灯、原爆ドーム。それぞれ、形は違っているが、平和への祈念を象徴しているようだ。

Img_6878平和記念公園から川向かいに、原爆ドームを見る。川沿いに沿っていき、相生橋を渡り、原爆ドームの所に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日

大阪七福神 四天王寺リベンジ

Img_6474四天王寺を前回訪れたときは、中ノ門から入り、最初に目に入った大黒天が四天王寺の七福神と思いこみ、拝して帰ってしまいました。今回の四天王寺は、石の鳥居から入り、布袋尊が祀られている布袋堂を訪れました。広い四天王寺の中では、こぢんまりとしたお堂ですが、祀られている布袋尊はとても庶民的な表情に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日

なにわ七幸めぐり・太融寺

Img_6432 なにわ七幸めぐりで、太融寺を訪れる。「無病息災」を祈願する。奥の不動明王が、地元の方々の信仰が篤いように思われた。
行く時に、不案内だったので、大阪駅から地上に出たが、かえって遠回りをしたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日

大阪七福神、第二弾

Img_6151地下鉄御堂筋線の大国町駅で降り、大国主神社を訪ねました。本社に祀られている大国天を拝しました。通常七福神というと大黒天ですが、社名に由来してか、大国天と呼ぶようです。本社の本殿は工事中で、仮殿が設けられていました。工事が終了した時に、また訪れたいと思います。
Img_6181大国主神社から、今宮戎神社へと向かいました。夕方のせいか、正門?は閉じており、横の通用門をくぐり、境内に入りました。神殿も閉じられていましたが、神殿に拝しました。地元の方が、戎祭りのときは夜店がすごい、数百じゃなくて、千以上の夜店が連なる、と話してくれました。
大国主神社も今宮戎神社も、門扉があり、時刻になると閉じられるようです。神社では珍しく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日

大阪七福神、第一弾

大阪七福神の最初は、四天王寺になりました。
Img_5976中門から入ると、地蔵堂、三面大黒堂と続きます。ここで、四天王寺は、大黒天だ、と思いこんでしまいました。とんだ勘違い。あとは、広い四天王寺の境内を一巡りしてみることにしました。

Img_6036朝早いせいか、仁王門は閉まっていたので、五重塔や金堂は塀の外から眺めるだけでした。このあと、鳥居の方にある門まで行ったのですが。。。。。次回は、布袋堂を訪ねることにします。あと、四天王寺で七福神以外に、七幸めぐりがあることも知りました。七福神のあとに、トライしてみたいと思います。七福神の四天王寺、今宮戎神社が含まれているので、あと5つの社寺になります。その1つ、大阪天満宮は先日訪れたので、実際にはあと4つの社寺となりましたが。

Img_6089玉造駅の近くにある三光神社にて、寿老神を拝しました。境内と公園との近くには、真田幸村の像があり、真田の抜穴という史跡もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日

三浦七福神

やっと三浦七福神を巡ることができました。
Img_5046最初に訪れたのは、金光恵比寿尊が祀られている円福寺。国道134号から剣崎に行く途中にあります。狭い道を抜けると、ひらけたところに円福寺が見えてきます。昔、旅僧が地蔵尊と併せて祀るようにとの伝えがあるそうです。

Img_5069剣崎から三崎港へいく途中に、白浜毘沙門天が祀られている毘沙門堂があります。途中、車一台がやっとという道があり、勇気がいります。念のために、地元の人に道を確認してから行きました。智恵と武勇の神として崇められている本尊は、行基の作と伝えられているそうです。本寺の慈雲寺は、毘沙門堂から少し離れたところにあります。
Img_5158三崎港に着くと、歩いて数分のところに、筌龍弁財天を祀った海南神社があります。お祭りが近いらしく、参道には屋台が並び、境内には御輿が置かれていました。

Img_5185三崎港から油壺に向かう途中に、見桃寺があり、桃林布袋尊が不老長寿、無病息災の守護神として祀られています。本寺は、源頼朝が桃の御所として訪れた所だそうです。また、白秋に由来のある寺でもあるそうです。
Img_5212油壺の近くには、長寿信仰の厚い長安寿老人を祀った白髭神社があります。曲がる所を間違えて、遠回りをしてしまいました。この神社は、航海安全・大漁満足の神として崇拝されているそうです。横須賀の海岸付近にも白髭神社があるので、海に関係する神社なのかと思いましたが、調べてみるとそうでもないようです。
Img_5239京急・三崎口駅の近くに、鶴園福禄寿の妙音寺があります。本寺の駐車場側には、真ん中に福禄寿をおいた七福神像がありました。妙音寺は、東国花の寺、関東八十八カ所霊場になっています。また、境内には、四国八十八カ所のお砂踏み巡礼があり、さっそく巡礼しました。帰る時に気づいたのですが、裏山の頂付近には、大きな大日如来像が鎮座していました。
Img_5294三崎口駅から武山に向かう途中に、寿福大黒天の延寿寺があります。富貴、長寿、豊かな食生活をもたらす大黒天だそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »